募集している職種での高い専門性

個人の専門性が重要視される

外資系転職では個人の能力が重要視される傾向があるのが特徴です。職種別採用が行われることが多く、就労年数や学歴よりも採用希望者がどんな能力を持っていて、どうやって会社に貢献することができるかという点が考慮されます。そして求められる能力は英語力だけではなく専門的な能力についても含まれています。日本企業でも能力評価制度が導入されている企業もありますが、外資系企業の方がより厳格に評価されるでしょう。十分なスキルさえあれば、若くても昇格し高収入が得ることが可能です。その分、目標に達することができない場合では降格してしまうリスクもあり、場合によっては退職を迫られるケースもあります。外資系企業に転職し活躍するためには、高い専門スキルを持っていることが重要です。


自分の専門性は積極的にアピール

外資系企業では自分の存在感をはっきりとアピールすることが求められます。日本人は謙虚さや奥ゆかしさが美徳とされていますが、異なる文化を持つ人々が働く外資系企業では自分の意見をしっかりと主張する能力が必要です。面接の際にも自信を持って積極的に自己アピールするようにしましょう。そのためにも、自分がこれまでに携わってきた仕事を振り返り、スキルやキャリアを具体的にまとめておくことが大切です。数字を盛り込むとより伝わりやすくなるでしょう。企業研究も欠かしてはいけません。特に業務内容や事業計画についてはしっかりと押さえておきます。どのようなスキルをもつ人材を求めているか理解し、自分が持つ専門性が企業にとってどう役に立つかアピールできるようになると良いでしょう。