上司をファーストネームで呼ぶこともある

外資系企業ではファーストネームで呼び合うのが普通!

日本の会社で働く場合、上司や同僚を呼ぶとき名字をさん付けで呼んだり、あるいは部長や専務などという役職で呼ぶことが一般的でしょう。しかし外資系企業で働く場合、同僚だけでなく上司までもファーストネームつまり下の名前で呼ぶことがあるんです。これは日本と海外における名前の呼び方や文化の違いからくるもので、外資系企業に転職した多くの日本人が戸惑う事柄でもあります。もちろん海外にもMr.やMs.などの敬称は存在しますが、これから親しくなりたい人物に対してはファーストネームや愛称で呼ぶことが多いんです。外資系企業ではそれが普通なのですから、配属された当初は戸惑っていた日本人スタッフも次第に慣れて、しばらく経つとファーストネームで呼び合って仕事をするようになっていきます。


ファーストネームで呼び合うことのメリット

外資系の企業では上司や同僚とファーストネームで呼び合いますが、これにもきちんとしたメリットがあるんです。まず第一に、下の名前で呼び合うことで信頼関係が生まれて、より短期間で親しくなることができます。相手のファーストネームを把握することによって、その相手にとって『自分のことをちゃんと覚えていてくれているんだ』と嬉しくさせて、絆をより一層深めることにもつながります。特に魅力的な異性から親しみを込めてファーストネームで呼ばれた場合には、舞い上がってしまうくらい嬉しくなってしまうでしょう。他にもファーストネームを使うことによって、誰に呼びかけているか明確に分かるというメリットもあります。数多くのスタッフが集まる外資系企業の場合、はっきりとした呼びかけは仕事を効率良く進める上でとても大切なことです。