率先して行動する積極性

転職活動を通じて採用担当者に能力の高さをアピールしよう

率先して行動する積極性は、外資系転職の際に必要となるスキルの一つに挙げられることがあり、今や多くの求職者の間で重要な課題となっています。特に、外国人の社員や顧客と接する機会が多い職種に就きたい場合には、コミュニケーション力をはじめとした社会人に不可欠な能力が重視されやすく、転職活動を通じて採用担当者に能力の高さを効果的にアピールすることが肝心です。また、積極性を身に付けるためには、ある程度の期間の訓練が必要となることから、定期的にビジネスマンを対象としたセミナーや勉強会などに顔を出すのも良いでしょう。なお、転職活動中に実際に外資系企業の花形の職種で活躍している人から仕事の話を聞いて、自分の力を活かせそうな企業を探すことが大切です。


プレゼンや英会話が得意な人は好条件で採用されやすい

外資系企業では、営業職や事務職はもちろんのこと、他の技術系の職種でも積極的な人が好まれる傾向が見られます。例えば、プレゼンや英会話が得意な人は、外資系転職の際に他の求職者に差をつけることができるのはもちろん、好条件で採用してもらえるケースも珍しくありません。また、外資系企業の社員が必要なスキルについては、一般の求職者にとって分かりづらいところもあるため、時には人材紹介会社やエージェントなどを頼りにして、採用選考に備えることがおすすめです。その他、転職サイトを通じて少しでも関心がある外資系企業の求人を見つけた際には、すぐに人事担当者に連絡を取って、好印象を持ってもらえるように努めることも大事です。