外資系企業といえば、グローバルな人材が集まる実力主義の世界、といったイメージがありませんか?ステップアップのために、外資系への転職を計画している人も少なくないようです。ここでは、外資系企業の特徴や転職に役立つ情報をお伝えしていきます。

外資系企業の特徴

日本企業での職歴しかない方にとっては、外資系企業は謎に包まれた未知の世界ですよね。あれこれと噂を耳にすることも多いので、ステレオタイプ的なイメージはあるかもしれません。ここでは、外資系企業の主な特徴をみていきましょう。

個人の成果を重視する

年齢に関係なく昇給のチャンスがある

上司をファーストネームで呼ぶこともある

外資系企業で求められるスキル

日本企業とは文化が大きく異なる外資系企業では、どのようなスキルが求められているのでしょうか?外資系企業への転職を成功に導くためにも、必要なスキルを習得しておきましょう。外資系企業が求めるスキルとマッチしていれば、初心者でも転職は可能です。

募集している職種での高い専門性

外資系転職では個人の能力が重要視される傾向があるのが特徴です。職種別採用が行われることが多く、就労年数や学歴よりも採用希望者がどんな能力を持っていて、どうやって会社に貢献することができるかという点…

More Info

率先して行動する積極性

率先して行動する積極性は、外資系転職の際に必要となるスキルの一つに挙げられることがあり、今や多くの求職者の間で重要な課題となっています。特に、外国人の社員や顧客と接する機会が多い職種に就きたい場合…

More Info

>

経理の転職は資格があれば有利です。

必ずしも高い英語力が必要とは限らない

外資系企業が求める語学力について

外資系企業は世界を股にかけて活躍するエリートビジネスマンの会社、というイメージがあります。国際的な規模で取り引きを行う外資系企業も存在しますが、必ずしもすべての企業が複数の国や地域と繋がっているわけではありません。また、英語が堪能で当たり前という風潮も決して正しいものではなく、語学力は重視されるものの必須では無いことを把握する必要があります。外資系企業に入社する前は英語の読み書きがまったくできなかったという人も少数ではありません。英語を話せる、読み書きができるという定義は企業ごとに異なる他、訛りやスラングなどを正しく理解できることを重視する企業もあります。そのため、学校の授業で英語の成績が良かったからといって、必ずしも外資系企業で通用するとは限らないのです。

最も必要なことは良好な対人関係を築ける能力

外国と取り引きを行う外資系企業にとって大きな問題は価値観や考え方の違いです。考え方ひとつに限っても、ある国では常識だが別の国では非常識というケースは珍しくありません。そのため、取り引きを円滑に進めるには相手側の価値観や考え方を理解することが何よりも重視されます。そのような場において最も必要とされるスキルは語学力ではなく、人間関係を友好に築くコミュニケーション能力です。相手の気持ちや考えを理解する柔軟性と最適な選択ができる判断力を持つ人はどのような相手とも仲良くなります。様々な価値観を持つ相手と取り引きを行う外資系企業にとって、コミュニケーション能力が高い人は最優先で雇用する貴重な人材なのです。